爆発的な効果を上げる!1000円ゲームのベストなやり方

the-best-way-to-play-1000-yen-game

1000円ゲームは「セールス」の本質を知ることができる伝説のロールプレイングです。

魔法のような効果をもたらす1000円ゲームですが、やり方を知らないと効果はガタ落ちしてしまいます。

今回は、爆発的な効果をもたらす1000円ゲームのベストなやり方について解説します。

【参照:1000円ゲーム —5分で人生が変わる「伝説の営業法」


1000円ゲームとは?

千円をもらえるかどうかを競うゲームです。

2人1組で向き合い、どちらかが千円を出します。

千円を出していない一方の人は、

千円以上の「価値ある情報」を提供して、

その千円を手に入れてください。

制限時間は5分です。

ではスタートしてください。

1000円ゲームでは、5分という短い時間の中で、千円に値することを相手にもらたす必要があります。

方針もなく1000円ゲームに臨んでしまうと、多くの人は、何を話していいかわかりません。

相手がまったく関心のない話をして、その話をもっと詳しく知りたいなら「千円ください」と言って、拒否されてしまいます。

ニーズを探る3つの質問

1000円ゲームで聞き出すべきことはどのようなことなのでしょうか?

人間は色々な欲求を持っています。

不安をなくしたい、不満を解消したい、怒りを消したい、

恐怖から逃げたい、安心したい、満足したい、喜びたい・・・

相手がどのような欲求を持っているのか、

質問する⇒答えを聞く⇒さらに質問する

ことで探っていくことが求められるわけです。

そして、1000円ゲームでもっとも大事なことは3つを常に考えることです

  • どこに問題があるか?
  • それはなぜか?
  • どう解決するか?

商品の価値を伝えることが目的ではありません。

1000円ゲームの進め方

では実際に、どのように1000円ゲームを進めるのが理想的なのでしょうか?

【1000円ゲームの進め方】

  1. 挨拶をする・許可を得る
  2. 3つの質問をする
  3. 答えを掘り下げる
  4. 聞いたことを紙にまとめる
  5. クロージングする

1.挨拶をする・許可を得る

まず挨拶からスタートします。

こんにちは、今日はお会いすることができて、大変うれしいです。よろしくお願いします。

次に、許可をもらいます。

5分お時間をいただきたいのですが、よろしいでしょうか?

そして、常に許可をもらいながら、話を進めていきます。

いきなり質問しては失礼かもしれませんけれども、私も何か、あなたのお役に立ちたいと考えているんです。

それで、ぜひ教えてほしいんですが、3つ、お聞きしてよろしいでしょうか?

許可を得ることで、相手から「私のことを気遣っているんだな」と思ってもらえます。

安心感を得ることができるわけです。

2.3つの質問をする

この3つの質問が、1000円ゲームの肝の部分です。

あなたの最近の状況で、何かワクワクすること、あるいはやりたいこと、そして、何かお困りのことがありますか?

どれでも、結構です。あったら教えてください。

この質問で、一気に相手の心の奥深くに切り込みます。

大切なのは、問い詰めるように尋ねることで話を終わりにしてはいけないということです。

必ず「例えば」や「私の場合には」と自分の例や具体例を話さないといけません。

私の場合、ワクワクするのは、実はカブトムシを取りに行く時なんです。

小学生の夏休みを思い出して、心が躍ります。

だったり、

例えば、私は中学生の子供がちょっと心配なんです。

成績がいまいちなんで、志望校にちゃんと入れるんだろうか、と悩むときがあります。

という風に話をつなげましょう。

こうすることで、とても相手が話しやすく、答えやすくなります。

3.答えを掘り下げる

あなたの3つの質問に対して、相手が、

「ジョギングをやりたいな、と最近考えています」

と答えたとします。

その時は、まず、

それはいいですね!

心から肯定しましょう。その後、

ところで、なぜジョギングをやりたいと思っているんでしょうか?

ストレスの解消ですか、それともダイエットですか?

具体的な回答を合わせて示しながら、理由を聞きます。

理由を聞くことで、ジョギングをやりたい気持ちの背景にある、本当の欲求やニーズに迫っていきます。

「最近、お酒を飲みすぎたせいでしょうか、おなかが出てきて、ちょっと気になるんです。」

と相手が答えたら、

そうですか。太りすぎはよくないですが、でもどうして太ってきたことが気になるんですか?

具合の悪いところがあるんですか?それとも、もっと女性にモテたいとか?

と、重ねて「なぜ?」「どうして?」と理由を聞いていきます。

この方法で話していくと、相手の方が多く喋ることになるのに気づきましたか?

あなたが質問を投げて、相手がそれに答える。

これが「聞き上手」ということです。

4.聞いたことを紙にまとめる

ラスト2分くらいになってきたところで、相手の言ってきたことをまとめます。

ところで、今まで色々お尋ねして、あなたはこういうことを望んでいると思いますが、これでよろしいですか?

この時、紙に大きく、そのまとめを書くのがポイントです。

なぜなら、これは相手に相手に対して確認をとっているからです。

私の思い込みや誤解でなく、いま相手がほしいモノ、コト、情報であるかの確認をとります。

相手が、その紙に書かれたことを認めたなら、相手の真の欲求を共有したことになります!

5.クロージングする

真の欲求がわかれば、クロージングです。

相手の真の欲求を叶えるための方法や情報、プロフェッショナルを教えたり、紹介してあげます。

これを相手が受け取れば、1000円をもらうことができます。

まとめ

実はこの1000円ゲーム、1000円をもらえるかどうかは重要じゃありません。

大事なのは、1000円をもらえたかどうかの結果より、その過程です。

どれだけ相手の本当に欲しいもの、本音を探ることができたかどうかがいちばん大切です。

「この人は自分のことをわかってくれる」と相手に思ってもらえれば、相手から「ありがとう」と感謝されるようになります。

「また会いたい」、「会ってよかった」と相手に思われたら、商品が売れるのは時間の問題です。

もっとこの人に会いたい、と思ってもらえるか。

そう思われるために、常に相手を理解する、相手になりきるよう意識する必要があります。

この意識をもって、トレーニングを重ねることで、とんでもない結果を上げるトップ営業になることができます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

20代ロープレ会開催中!

20代ロープレ会開催中!

・自分の実力を知りたい!
・同世代の人から刺激を受けたい!
・アウトプット力をあげたい!
・環境を変えたい!
・仕事の成績をあげたい!
という20代の社会人必見!
なんとなく仕事をするだけでは絶対に学べない!今だからこそやっておきたい20代限定ロールプレイング会を開催中!

詳細&申し込みはこちら!

RP会詳細
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)