2017/02/28

3日でみんな前向きになれる!すぐにできる「グッド&ニュー」

 
posotive

この記事を書いている人 - WRITER -

ミーティングをするにしても商談をするにしても、アイスブレイクをするのは鉄則ですね。

最初に打ち解けられないと最後まで固い雰囲気のまま終わってしまうこともあります。

普段、あなたはどんなアイスブレイクをしていますか?

今回は、アイスブレイクの1つの方法として、神田昌典著「成功者の告白」でも取り上げられているゲーム「グッド&ニュー」 について紹介します。

 

 

グッド&ニューとは?

グッド&ニューは、ピーター・クラインというアメリカの教育学者によって生み出されたゲームです。

ピストルやナイフは当たり前の、校内暴力が多発する学校を短期間で安全な環境にするために考案されました。

どのようなゲームかというと、

  1. クッシュボールと呼ばれるカラフルなボールを用意します。
  2. 数人でチームを組んで、まずその中の一人がクッシュボールを持ちます。
  3. ボールを持った人は、24時間以内に起きた良いこと新しいことをチームの人に話します。
  4. 1分程話してもらい、話が終わったら皆で拍手します
  5. 次の人にボールをわたします
  6. チームの全員が話すまで、1~5を繰り返します。

「こんなので何が変わるの?」と思いませんでしたか?

実際とてもシンプルなゲームなので、何も知らないと、ただ遊んでいるようにも見えてしまいます。

しかしこのゲーム、リフレーミングと呼ばれる作業を定着させることができるのです。

 

リフレーミングって?

リフレーミングとは、心理学用語の一つです。

ある物事を見ている一つの視点を外して、別の視点で同じ物事を捉えてみることを言います。

言葉の定義を話しても、「?」という感じですが、コップの水の捉え方という有名な例があります。

コップの中に水が半分注がれていた時に、「水が半分しか入っていない…」と考える視点を外して、「水が半分も入っている!」という視点でコップの水を見るのがリフレーミングです。

 

どんなこともプラスに考える!

大事なことはものごとをプラスに捉えることです。

グッド&ニューで話す内容はどんなことでも構いません。

  • 映画を観て感動した!
  • 気になってた本を中古で安く買えた!
  • ずっと頭の片隅にあった悩みがお昼を食べているときにふと解けた!
  • 買い物をしたときに、おつりを出さすにぴったりのお金で買えた!
  • etc…

どんな事でも、良いこと or 新しいこととして周りの人に話すことで、あらゆることをプラスに考えられる習慣が身に付くようになっていきます。

 

クッシュボールの効果

koosh ball

グッド&ニューで特徴的なのが、クッシュボールです。

なんで、こんなボールを使うかというと、ボール無しでグッド&ニューをやろうとすれば、一回でわかります。

緊張して話せないんです。

ボール無しで話をしようとすると、いつまにか目線が下がってテーブルを見つめ、言葉も硬くなっていきます。

明るい話をしようと思って、体がこわばってしまうんです。

クッシュボールがあるとどうでしょう?

ボールを持ちながら話し始めると、話しながらボールを転がしたり、握ったり、軽く叩いたりします。

結果、ほどよく意識が分散されてクラックスして話ができます。

加えて、クッシュボールは、実物を見るとよくわかりますが、めっちゃカラフルです。

色は右脳を刺激し、学習効率もアップさせるとも言われています。

グッド&ニューで得られる学びを、効率的に参加者が吸収することができるのです

 

まとめ

20代ロープレ会では、実際クッシュボールを使って、グッド&ニューを行っています。

「百聞は一見に如かず」です。

実際に見て、体験してみると効果を実感できますよ。

ぜひ皆さんもグッド&ニューをして、前向きな思考をゲットしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -