どんな台本を作れば良い?効果的な台本の5つの条件

 
five-conditions-of-an-effective-script

この記事を書いている人 - WRITER -

台本を作ろうと思った時、どんなことに気を付けて台本を作る必要があるのでしょうか?

なんとなく台本を作っても、お客さんを引き付けるセールスをすることはできません。

今回は、効果的な台本を作るのに必要な5つの条件についてご紹介します。

【参照:ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則

 

効果的な台本の5つの条件

1.どんな場面でも使える台本を作る

台本を作る時には、どんな文脈でもすぐに、的確に対応できるものを作らなければいけません。

変に奇をてらうと、一回限りしか使えない台本になってしまいます。

シンプルでわかりやすい、オーソドックスな台本を作りましょう。

 

2.自然で耳障りにならない言葉を使う

台本は、まるで人が自然に話しているような文脈で書きましょう。

いかにも事前に用意した文章だということがわかるように書いてしまうと、お客さんに見破られます。

「覚えたことをそのままやっている人間」のことを優秀な人と思う人はいません。

話しぶりが不自然にならないように気を付ける必要があります。

 

3.最高の部分は最後にとっておく

見込み客の反論や異論に対応しながら、

  1. 見込み客があなたの商品を気に入っていること
  2. 見込み客があなた自身に興味を抱いて、信頼していること
  3. 見込み客があなたの会社に好意を抱いて、信頼していること

以上の3点をルーピングを使って売り込まないといけないことがあります。

https://role-play-20.com/the-wolf-of-wall-street-5-signals

https://role-play-20.com/looping-that-prospects-say-yes

そんな状況が予想される時、セールスをする上で最高の武器になるとっておきの情報は最後までとっておいた方が上手くいきます。

もっとも強力な情報を一番最初にお客さんに渡さないようにしましょう。

そうすると、盛り上がりを作れなくなってしまいます。

最高の台本を作り上げるためには、相手がどの程度セールスの内容に納得できすに足踏みしてしまうかを事前に予想しないといけません。

その事前予想を織り込んだ上で、要所要所にインパクトのある情報を配置して、最高の部分をとどめに持っていくわけです。

 

4.複数の台本を臨機応変に使い分ける

セールスにおいて、独立した一つだけの台本は存在しません。

複数の台本を作って、それらを目的に応じて使い分ける必要があります。

ある一つの台本では、セールスをこれ以上進めることができないとわかった段階で、すぐに別の台本に切り替えなければいけません。

なので、「切り替え」を想定した別の台本を作っておかないといけません。

「この台本だけ作っておけば大丈夫」と思ってしまうと、変化球に対応できないマニュアル人間になってしまうので注意です。

 

5.すでに実績がある台本を使う

複数の台本を作った時、まずお客さんの前ではどの台本を使うべきでしょうか?

答えは、あなたがこれまでセールスをしてきた中で実際に成果を上げた台本を使うべきです。

一度でも成果を上げた台本を使うと、初めから言葉以外の部分、トナリティーとボディ・ランゲージに全力を注ぐことができます。

https://role-play-20.com/8-tonality-with-high-closing-rate

https://role-play-20.com/practice-body-language

そうすると、あなたの総合的なセールススキルを上げることができます!

 

まとめ

台本を作るための最初の難関は、台本を「自分の手で作らなければいけない」ことです。

色々な状況を考えなければいけないので、もちろん書く文章量も膨大になります。

「めんどくさい!」と思うかもしれませんが、そのめんどくささの先にスムーズなセールスが待っています。

一度、台本を書いてしまえば、その台本は一生使える宝物です。

まずは一冊、あなたの手で台本を書いてみることをオススメします!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -